三輪車のアイデスニュース【開催レポート】ディーバイク in バイクロア8 レポート

2018.12.05

【開催レポート】ディーバイク in バイクロア8 レポート


2018.12.01-02に開催されたバイクロア8。
当日の様子の動画をアップしました!

以下、写真でもレポートします。
今年はキッズロアの前に場所をお借りしてD-BIkeシリーズの貸し出しを行いました。
「いくらですか?」というお問い合わせを沢山いただきましたが「無料です!」

台数が限られますので30分で返却していただくということと、キッズロアのコース内ではヘルメットを被っていただくことだけ守っていただきました。
対象は小学校1年生までです。

道を挟んだ向かいにはベビロアのコーナー。
赤ちゃんや小さいお子さんを連れてきてもストレスなく楽しめる自転車イベント、それがバイクロアです。

ベビロアコーナー横にはボルダリング体験ができるコーナーも。
こちらも盛況で常に誰かが遊んでいました。

キッズロアのコースを挟んだ向こう側には大きな木とそこに設置されたツリーハウス。
お外で遊ぶ機会が減っている都心部の子どもたちにとって、こういう場所で遊ぶ体験はホントに貴重ですね。

ここからは声をかけて写真を撮らせていただいたお友達の写真を。
まずはD-Bike miniで遊んでくれたお友達。
D-Bike miniと三輪車のD-Bike Daxはヘルメットなしで貸し出し。
キッズロアのコース内に入らずに芝生の上や通路で遊んでいただきました。
「D-Bike miniがお家にある」というお客様がたくさんいらっしゃいました。うれしい限りです。


こちらはD-Bike Master12に乗ってくれたお友達。
ペダルを外してキックバイクみたいに乗っていますね。
他社様の同じような製品でBBユニット・クランク・チェーンがごっそりと外せるものもありますが、
その場合は着脱にそれ相応の知識と技術と時間(そしておそらく工賃)が必要です。
D-Bike Masterシリーズに採用されているクイックテイクシステムなら手間やコストをかけずワンタッチでペダルを着脱してキックバイクモード⇔自転車モードの切り替えが手軽に何度でも可能なので補助輪なし自転車の練習に最適です。

D-Bike Master18SEに乗ってくれたお友達。
キッズロアのコースはタイトなヘアピンコーナーがあったりバンプがあったり、普段なかなか体験できない走り方ができるのでみんなとっても楽しそうでした。

D-Bike Master16に乗ってくれたお友達。
カメラ目線ありがとう!
ただ、バンプでよそ見してると転んじゃうよ!
気を付けてね!

D-Bike Xstreet20に乗ってくれたお友達。
立ち漕ぎしてますね。
バンプを通過するときはペダルの上に立って、体が上下にぶれないように膝・肘を使って上下動を吸収すると良いですね。子どもにとっては意外と難しいです。上手にできたかな?

バイクロアの運営スタッフからレースのネタとして忍者的なものを探している、と聞いていたのでNINJA WHEELを展開するアイデスから一輪車5台と練習用の手すりを貸し出しさせていただきました。

一輪車コーナーは終始人気で常に誰かが練習・挑戦してくれていたようです。

こちらの選手が乗れるところを見せてくれました。
ピョンピョン跳んで方向転換したりなかなかのバランス感覚。
自転車遊び、アウトドア遊びが好きなバイクロア参加者にはこういった遊びアイテムは気になる存在のようです。参加者だけでなくブース出展社のスタッフにも好評でした。

忍者ネタとしてこちらの手裏剣の的も制作して提供させていただきました。
カモフラージュ柄のコスチュームで走る「カム・カモレース」の中で使用していただきました。
1周走ってきた選手がゴム製手裏剣を投げて的に当たればそのまま通過、外れたらその場で腕立て伏せ5回の罰ゲーム。かなり盛り上がってくれたようで何よりです。


今回のバイクロアでは「補助輪なしの自転車教室」は開催できなかったのですが「去年のバイクロアでD-Bikeの自転車教室に参加して乗れるようになったよ!」と遊びにきてくれた子もいて、とても嬉しかったです。
キッズロアの楽しいオフロードのコースは子どもたちに大人気!
大人も子どもも楽しめるバイクロアは雰囲気も最高です。
未体験の方もぜひ次回遊びにきてください。D-Bikeを準備してお待ちしてます!

 

  

商品カテゴリー