三輪車のアイデスニュース【開催レポート】サイクルフェスin東静岡 出展レポート

2018.11.26

【開催レポート】サイクルフェスin東静岡 出展レポート



昨年と同様に、日本マウンテンバイク協会とタッグを組んで、サイクルフェス in 東静岡でD-Bikeシリーズを使った自転車キッズ検定の体験、キックバイク試乗、キックバイク教室、自転車教室などを行いました!

==============================================================
開催日時:2018年11月18日(日)10:00~16:00
開催地:池田東静岡公園(外周道路及び調整池)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
[内容]自転車キッズ検定体験・補助輪なし自転車のりかた教室・初めてのキックバイク教室&チャレンジレース、キックバイク体験
※13:00~、15:00~は、「補助輪なし自転車のりかた教室」の開催、11:30~、14:00~は、「初めてのキックバイク教室&チャレンジレース」の開催を予定しています!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
このイベントの詳細・最新情報は、主催者ホームページをご確認ください。
==============================================================

JR東静岡駅から徒歩5分、入場無料ですので、ぜひお誘いあわせの上、遊びに来てくださいね。
お待ちしております!
→終了しました!

以下、出展のレポートです。

当日は快晴。
富士山も見えて最高のコンディション。
転車キッズ検定体験、補助なし自転車のりかた教室、初めてのキックバイク教室&チャレンジレース、キックバイク体験の4つのメニューを用意いたしました。

キックバイクはD-Bike KIXを8台、

自転車はD-BikeMaster16Vを5台、同18Vを5台、D-BikeXstreet20を5台持ち込みました。

1回目の「初めてのキックバイク教室&チャレンジレース」。
今年度から静岡市内の市立こども園で実施しているキックバイク教室を体験できるような内容とさせていただきました。キックバイクや将来自転車に乗るようになった時のためのポイントをお伝えさせていただきました。レースはゆる~く楽しく。

参加してくれたみんなと記念撮影。良い思い出になったかな?

1回目の「補助なし自転車のりかた教室」。
保護者の方にも積極的にサポートなどで参加していただいて、教室が終わった後、おうちで練習するときのポイントもお伝えさせていただきます。皆さん真剣に参加していただきました。

まずは左右のバランスを取ることができるかペダルを外して確認です。
QuickTakeシステムを使ったD-BikeMasterシリーズならではの練習です。
通常の自転車では参加者のペダルの着脱だけで時間が取られてしまいますね。

ある程度バランスを取る練習をしたらペダルを付けて保護者のサポートを受けながら走ってみます。
インストラクターがサポートしてみて「この子はバランス取れてる!」と思ったら手を放してみると・・・
はい!自分でバランス取りながら走れてます!
補助なし自転車の練習ではサポートの仕方や力加減がすごく重要なんです。
保護者がサポートしすぎるとお子さんの自由度が利かないし、サポートが弱すぎると怖がって失敗してしまいます。
その子の練度に合わせたサポートをすることが大事で、これが難しいんです。

このお友達もすぐにサポートなしで乗れるようになりましたね。

最後に記念撮影。
半分くらいの子が乗れるようになりました。
おうちに帰ってからも練習してもっともっと上手に乗れるようになってくださいね!

アイデスのスタッフは参加できませんでしたが、他のマウンテンバイク協会のインストラクターは自転車キッズ検定の体験会も行ってました。
まずは交通安全のお話を聞きましょう。

そのあと自転車キッズ検定の10級から7級までを体験。これは8級の一本橋。落ちずに渡れるかな?ポイントは目線。下を見ないでまっすぐ前をみてみよう!

これは7級のスラローム。ブレーキを上手に使って速度調節することと目線がポイントです。
自転車は行きたい方向を見るとそちらに進んでいく乗り物です。

自転車キッズ検定体験コーナーは常時にぎわっていたようです。

2回目の「初めてのキックバイク教室&チャレンジレース」。
レースが不安なお子さんは保護者の方が一緒に走ったり、押すこともできるので安心して参加していただけます。

途中に障害物があったりしますが、これもスタッフがお手伝い。

キックバイクを持ち上げて「よっこいしょ!」
できることは自分でやってみましょう!
一生懸命な子供の姿は大人たちを感動させてくれます。

参加してくれたみんなで記念撮影。
小さいお友達も頑張ってくれましたね。スタッフも楽しかったです。

会場には新発売のD-BikeDaxという折り畳み三輪車も持ち込んでみました。
特徴的な前後に長いサドルのお陰でベストなポジションに座りやすく漕ぎやすいようです。
こちらのお友達は2歳8か月とのことでしたが上手にペダルを回して進んでました。

ペダルを回す動きって実は子供にとってすごく難しいんです。
左右の脚にリズムよく力を込めて、抜いてを繰り返しつつペダルから足が離れないようにも注意しなければならず・・・大人は当たり前にできることでも子どもにとっては本当に難しいこと。
自転車教室をやっているとキックバイクに乗っているおかげでバランス感覚は身についているけど三輪車などに乗ったことがなくてペダルを回す動きができない、というお子さんが結構な割合でいらっしゃいます。こういう場合は三輪車や補助車付き自転車でペダリングの練習をしないと先に進めない場合もあります。
三輪車って補助なし自転車に乗るためにすごく重要なアイテムだと思います。
キックバイクと併用で乗っておいていただくと補助なし自転車へのステップアップがスムーズにいくのでオススメです。


すこし脱線してしまいました。
2回目の「補助なし自転車のりかた教室」です。
このお友達はあっという間に乗れるようになってしまいました。

このお友達も!すごいですね!

こちらのお友達は少しペダリングが苦手だったので補助車を付けてペダリングの練習です。
補助輪付けて自転車に乗るのは全然恥ずかしいことではないです。
お子さんが自分の力で乗れるようになって自信をつけることがその先の人生の障害を乗り越える力になるのではないかと思います。保護者の方はそのためのサポートを是非していただいて「乗れた!」ときの感動をお子さんと共有していただければと思います。

最後にみんなで記念撮影。
このままイベント終了となりました。

秋晴れの空の下、日本マウンテンバイク協会とのコラボで自転車に乗る楽しさをお伝え出来たのではないかと思います。また来年もイベントがあれば是非参加したいと思いました。

静岡市には引き続きこども園でのキックバイク教室が開催されるので今回参加してくれたお友達にお会いする機会があるかもしれませんね。
楽しみにしています!

参加していただいたお友達、保護者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

アイデス

 

  

商品カテゴリー