三輪車のアイデスニュースサイクルフェスin東静岡にD-Bikeブース出展しました!

2017.11.24

サイクルフェスin東静岡にD-Bikeブース出展しました!

 2017年11月19日に静岡市で開催されたサイクルフェスin東静岡に出展しました。

D-BikeKIXと・・・

D-Bike Masterシリーズ、D-Bike Xstreet20を持ち込みました。

隣で行っていた日本マウンテンバイク協会の自転車キッズ検定体験会にもD-Bikeシリーズを使っていただきました。
自転車キッズ検定体験会には地元の婦警さんも来場し、交通安全についてのレクチャーも行われていましたよ。

今回D-BikeMasterシリーズの新製品、D-Bikeマスター12も持ち込みました。
小さな女の子が上手に乗っていたのが印象的でした。

前日の雨があがり、綺麗な青空。
午前と午後に一回ずつ、補助車なしで乗るための自転車教室を開催しました。
参加者の皆さんは親子で一生懸命練習してくれました。

準備運動から始まって、自転車を押しながらブレーキをかける練習。

次はペダルを外して地面を蹴って進む練習。
D-Bikeマスターに採用されているQuickTakeペダルならではの練習です。
ペダルの着脱がワンタッチで出来ると補助車なしの自転車練習に便利なんです。

6組の参加者に対してインストラクターは3名。
パパやママのサポートが非常に重要です。

優しく見守ったり、サドルや腰に手を当てて支えてあげたり、上手にできたら大きな声で誉めてあげたり、終始ポジティブな雰囲気で教室を行えたのもひとえに保護者の方々のおかげです。

ときにはインストラクターがサポートしながら保護者の方にやり方やコツなどをレクチャーさせていただきました。この子はもう乗れてますね。すごい!

お~!!!
こちらも支えなしで乗れてますね!

こちらもお父さんが手を離してますね。

他のお子さんも上手に乗れていたけど写真が撮れて無かったです!ごめんなさい!

50分ほどで1回目の教室は終了しました。
みんなそれぞれ頑張っていて保護者の方々やインストラクターのサポートを受けて練習開始時よりも格段に上手になっていました。補助車なしで乗れるようになった子も何人もいましたね。
さらに上手に乗れるように頑張って練習していただきたいと思います。


さて、午後にはD-BikeKIXを使ったレースも行いましたがスタッフの手が足りず、レース中の写真がほとんど有りませんでした・・・(動画は少し撮ってあったようですが)

レース後の記念撮影はしていたのでそちらをアップさせてください。
第1レースに参加してくれたお子さんたち。

第2レースに参加してくれたお子さんたち。

第3レースに参加してくれたお子さんたち。

第4レースに参加してくれたお子さんたち。

どのお子さんもそれぞれ一生懸命頑張って楽しく走ってくれていました。
保護者の方々もそんなお子さんたちの姿を優しく見守ってくれていたのが印象的でした。
ご参加ありがとうございました。



さて、午後にも補助車なしの自転車練習教室を行いました。
内容的には午前中に開催したのと同じです。
午後の部の参加者の方々も親子で一生懸命練習してくれました。
どの保護者様も自分のお子さんにしっかりと寄り添って励ましながらサポートしていて、
お子さんたちにはそんなパパやママの励ましがしっかりと伝わっていたようでした。

だれも弱音を吐かないでひた向きに練習していましたね。

頑張れ頑張れ!お子さんが頑張っている姿を見れて、保護者の方々も喜んでくれていたようです。
最終的に午後の部の参加者は全員サポートの手を離しても乗れるところまで上達。
中には普通にサポートなしで乗りまわしている子も。
皆さんすごく頑張りましたね。

午後の部の参加者さんたちと記念撮影。
(練習風景の写真が少なくて申し訳ございません)

補助車なしの自転車に乗れるようになることは、子どもたちの成長過程のなかで結構大きなハードルだと思います。それゆえに乗れるようになった時の嬉しさははかり知れません。
そんな姿を見たときの親御さんの喜びも同様でしょう。

そんな場面にいくつも立ち会えたこと、本当にありがたいと思います。
素敵な機会を与えてくれた皆さんに感謝します。
ありがとうございました。

また来年も参加できたら良いなと思います。
では!

 

  

商品カテゴリー